冬のメンズファッション考察

秋冬に使えるメンズファッションアイテム

「オシャレに見せたいが、あまりお金がない」という人におすすめなのが、「秋にはアウターとして使え、冬にはインナーとして使えるメンズファッションアイテム」です。

 

季節ごとにアイテムを揃えるとなると、かなりのお金が必要になってしまいますが、季節をまたいで使えるアイテムを揃えれば、あまりお金をかけなくてもオシャレに見せることができます。

 

まずは、「Vネックニット」。
着回し力が高いため、キレイめにしたければ「Pコート」や「チェスターコート」と合わせればよく、カジュアルにしたければ「ダウンジャケット」などと合わせればOKです。

 

また、Vネックは首元をシャープに見せる効果があるので、秋ならアウターとしてメインに使えます。
次に、「カーディガン」も使いやすいアイテムです。
秋ならシャツの上に羽織り、冬ならその上にアウターを着ることができます。

 

基本的にはキレイめのアイテムですが、こちらも着回し力が高いため、Tシャツやジーンズなどと合わせても違和感はありません。

 

冬カラーはブラック・グレー・ダークグレーが王道

冬のメンズファッションでは、アウターのデザインもさることながら、色も重要になってきます。
基本は、「暗い色にすること」。

 

アウターは、Tシャツなどと比べると単価が高いため、そうたくさん買うことはできません。
派手な色のアウターには、「オシャレに見せられる」という効果がありますが、それは「印象に残りやすい」ということでもあるので、「いつも同じ服を着ている」と思われるおそれがあるのです。

 

対して、暗い色は地味ではありますが、自己主張もあまりなく着回し力も高いので、他のアイテムとの組み合わせで印象を変えることができます。
では、具体的にどのような色がいいのかというと、筆頭は「黒」です。

 

他の色と合わせやすく、季節感も出せます。
冬場なら、上下黒でも問題ありません。

 

「黒一色だと、芸がない」という人は、「グレー」を選ぶとよいでしょう。
これも、他の色と合わせやすい色です。

 

ただし、あまりに明るめのグレーだと季節感が出ないので、おすすめは「ダークグレー」です。

 

モテファッション

服装に気を遣うということは、「人から良く見られたい」ということですが、そこには大なり小なり「モテたい」という要素も含まれています。

 

しかし、服装だけでモテることはありませんが、服装だけでマイナス評価を付けられてしまうことはあります。
それを避けるためには、「女子ウケのよいメンズファッション」について、知っておかなければなりません。

 

まず、ワイルド系のファッションは、基本的にウケが悪いです。
「先が異様に尖った靴」「必要以上に開いた胸元」などは、相手に威圧感を与えることになりがちです。

 

やはりウケがよいのは、ニットやチノパンなどの「キレイめ系」です。

 

どうしてもワイルド系で行きたい場合は、ペールカラーなど優しい印象を与える色使いにしたほうがよいでしょう。
もう一つは、「似合っている服装であること」。

 

例えば、太っている人がスキニーを穿いても似合いません。
人は、それぞれの体型や顔立ちなどによって似合う服装が変わってくるので、自然なファッションをするのがいちばんです。

 

キレイめ系のアウターと言えば…

更新履歴